65歳以上の方が入居要件であるところは同じですが、常時の介護が必要な方、
かつ自宅での生活が難しい方が対象になります。

同じように見えますが、終身に渡っての援助を行うのが特別養護老人ホーム、
これとは反対に在宅に戻って生活をするために必要なリハビリを実施するところが
介護老人保健施設ということになるでしょうか?

その他、認知症の方を対象にしたグループホームとかケアハウス、
有料老人ホームなど様々な類型の入所施設があります。

施設の設立に至った時代背景や法律が違っているためにどのような方が
入所の対象なのかが非常に分かりづらいのですが、
窓口となる職員さんにいろいろと話を聞いてみましょう。

その際は事前に電話連絡をして予約しておいた方がいいと思います。

介護サービスの種類は多岐に渡り、その事業所特有のサービスを行っているところもあり、
比較することは容易なことではありません。

そこで、各都道府県にある指定情報公表センターで介護サービスの情報を入手してみてはいかがでしょうか?